ウォーターサーバーのボトルは使い切りタイプと回収タイプがある

使いきりタイプの種類は1つではない

ウォーターサーバーのボトルは、使い切りタイプと回収タイプに分かれています。使い切りタイプの材料としてはペットボトルと同じ材料を使用していて、使用後には自宅で処分することが必要です。多くのボトルは柔らかくてつぶしやすいボトルとなっている為、水を使い切った後は小さくつぶせるようになっています。販売している企業によっては使えば使うほどしぼむように作られている物もあるため、空気が入り、空気中の雑菌が水の中に入ることを防げるのが魅力です。また、使い切りタイプにはもう1種類存在しており、ビニールパック式と呼ばれることもあります。特殊な加工がされているビニールやアルミなどに水を詰めて送られるタイプです。使い切った時にはペットボトルよりも小さくたたんで捨てられる為、企業で注目を集めています。段ボール箱に入って送られてきますが、送られた箱ごとそのままセットできるタイプのサーバーもあります。

回収するタイプは再利用される

回収タイプは1種類だけで、ウォーターサーバーが日本に登場したころから使われています。ペットボトルとは異なり、強度が強くてつぶれにくい硬いプラスチックでできているのが特徴です。また、入っている水の量が5ガロン、約19リットルとなっているところも特徴の一つといえます。水を使い切ったボトルは業者が回収し、きれいに洗浄されて殺菌消毒を行い、再び新しい清潔な水を入れて提供するのが一般的です。自宅のごみを増やさなくて済むことから、ごみを減らしたいと考えている人に人気のタイプといえます。業者ごとにボトルの種類は異なりますが、最初からボトルの種類を選べる企業と、顧客ではなく企業側で決めて配布するところに分かれているのが現状です。