ウォーターサーバーのよくある料金プランとは

水の代金しかかからないプラン

ウォーターサーバーの料金プランとして最も一般的なのは水の代金しかかからないものです。ウォーターサーバー業者と契約をするときにはサーバーをレンタルしますが、レンタル料を無料としているプランが主流になっています。そして、ウォーターサーバーのメンテナンス費用も無料にしていて、実質的に負担しなければならないのは水の代金だけなのが特徴です。毎月、どのくらいの水が必要なのかを決めて宅配してもらう仕組みが多くなっています。水の代金に全ての料金が含まれる形になっていると考えても良いでしょう。わかりやすい料金プランではあるものの、水をたくさん買う人の場合には余計に費用を負担している感じがしてしまうのがデメリットです。

水の代金以外に費用がかかるプラン

ウォーターサーバーの料金プランでは水の代金以外にも費用負担があるものも少なくはありません。業者によっては水の代金を下げるために他に料金を分けていることもあります。典型的なのがウォーターサーバーのレンタル料が毎月定額でかかる仕組みです。上述のように水の代金に全ての料金が含まれてしまっていると水をたくさん使う人には不利です。しかし、レンタル料などが別になっていれば使った分だけ払うという形になっているので余計な費用負担をしている印象を受けずに済みます。このような考え方でメンテナンス料金も別にしたプランにしている業者もあります。プランの作り方も多様化してきているので、業者間で比較してから選ぶのが重要です。