ウォーターサーバーの機械音はうるさくないか

どんな音がサーバー設置していると聞こえやすいか

ウォーターサーバー会社を選ぶポイントとして、静音性を挙げる人もいます。静音性とは、ウォーターサーバーの機械音がうるさくないかどうかです。基本的に24時間稼働させるのが特徴である以上、機械音がうるさいと使う気にならないといいます。基本的にどんな音がしやすいのでしょうか。一般的にはサーバーを稼働させているコンプレッサーの音です。冷たい水を飲める以上、冷却装置が存在します。冷却装置が稼働している時の音が耳障りと感じる人は、多くはありませんがいますので、家族で冷却装置のモーター音を気にするかどうか、サーバーの音などについて確認してから導入しましょう。また、サーバーの中には足元に水ボトルを設置するタイプと、上部に取り付けるタイプに分かれます。上部に取り付けるタイプなら問題ありませんが、足元に設置する場合、水を吸い上げる音が気になる可能性もあるため、慎重な判断が必要です。

努力で避けられる作動音はある

取り扱っている企業によって多少対応が異なりますが、ペットボトルと同様のワンウェイボトルの場合、サーバー内で自動的につぶしていく機種もあります。利用する人が力を入れてつぶさなくてもいいようにする配慮ですが、人によっては機械の中でつぶれる音が気になる場合がある為、注意が必要です。また、リサイクルできるボトルを使っていると、機械を稼働させている時に空気がボトルの中に入るため、音が気になる場合もあります。なお、住む場所によっては床や壁などに接しているとコンプレッサーなどと共鳴し、うるさいと感じることもあるため注意が必要です。ただし、周囲とくっつかないように離して設置する事や、厚手で滑りにくいマットをサーバーの下に設置することで多少緩和できます。