契約期間や解約料金について事前にチェック

契約期間のチェックポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際は、契約期間についてよく確認することが大切です。設定されている最低契約期間は業者によって異なります。解約の申し出がなければ、都度、契約が自動更新される場合もあれば、2年契約や3年契約といったように、用意されているコースから契約期間を選べる場合、あらかじめ契約期間が決まっている場合など、様々です。契約期間が長期になるほど、料金的にはお得になりやすいものの、契約期間内に解約した場合には、解約金の支払いが発生するので注意が必要です。

転勤などに伴う引越しや家族が増えることにより、機能の異なるサーバーが欲しくなることもありますし、料金面や水の味など、実際に使用することで気に入らないと感じる部分が出てくることもあります。初めて利用する場合には短い契約期間を選ぶ、契約の更新時には長めの契約期間にするなど、契約内容や使用環境を考慮し、適切な契約を選ぶことが大切です。

解約料金のチェックポイント

契約期間内にウォーターサーバーの契約を解約する際は、解約金を支払わなくてはなりません。契約期間内に解約するような事態にならないことが望ましいものの、何があるかは分からないので、どのような流れになるのか、しっかりと確認しておくことが大切です。契約期間や解約に伴う違約金、必要となる手続きは業者によって異なります。解約金の支払いのみで済む場合もあれば、解約金に加え、サーバーの返却費用を負担するよう求められる場合もあります。また、解約を申し出ても揉めてしまえば、サーバーの返却手続きなどで躓いてしまうこともあるので注意が必要です。もしもの時に慌てないためにも、解約金だけをチェックするのではなく、解約時に必要な手続きやかかる日数など、細かい部分まで把握しておくことが欠かせません。

宅配水は自宅までミネラルウォーターを宅配するサービスで、ウオーターサーバーを設置した家庭などで利用されています。